共に育ち合う保育園

子供を真ん中に、保育士一人一人が丁寧にかかわりいつもあたたかく見守って自主性を育みます。
豊かな自然の中で過ごす体験は、子どもたちの確かな自信となり、「生きる力」へつながっていきます。
食と森の保育園美里ではその姿を、保護者の方と共に楽しみ、共に育ち合う保育園です。

園の一日

食と森の保育園美里では、お子さまの年齢によって4つのクラスに分かれています。午前中、天気と体調が良ければ積極的に外へ繰り出します。園庭は広く本当の自然の中でいるよう作られています。また園内と園の周辺は豊かな自然に囲まれています。その豊かな自然の中、心のままに体を自由に動かし、自然の体感すれば、お昼ごはんもより美味しくモリモリ食べられます。

詳細はこちら
年間行事

食と森の保育園では、一年間を通して四季折々の行事・イベントを行なっております。行事やイベントを通して園児一人一人に日本の四季を感じ多様な文化を体験してもらえるような工夫をし心豊かな人へと成長できるよう、毎年季節に合わせた行事を計画して開催しております。

詳細はこちら
保育目標

子どもたちは、2歳児の頃からほぼ毎日、豊かな自然の中へ繰り出し多くの自然を体感します。幼少期から五感によって季節の移り変わりや自然の素晴らしさと気持ちの良さを存分に感じ取り、自分で「探して気づく」ことにより、探求心の芽生えから自主性が身につくことを目指しています。

詳細はこちら
「食」への思い

食は人間の健康にとって一番重要なものです。残念ながら現代社会において本当に健康的な食生活を送る事は難しい現状となっています。当園では、子どもたちとその保護者の方が「食」が健康にとって非常に重要な事であるという事を正しく学ぶ事により、健康的に成長できると考えております。

「自然」への思い

園内も園の周辺も自然が多い環境です。その豊かな自然と四季を感じながら子どもたちは毎日を過ごします。その自然の中で子どもたちがのびのび過ごし自信ももって心豊かに成長していきます。

お知らせ

お知らせ一覧を見る

日々の活動

日々の活動一覧を見る